製網、漁網、網、有結節、無結節、USネット、海苔網、陸上ネット、引越しネット、ダムネット、流木防止ネット、農業用ネット、防風、防鳥、防獣用ネット、落石防止用ネット、セパレーションネット、安全ネット、ゴルフネット、バッティングネット、トロール、まき網、刺網、定置、底引き、中層、工事用ネット、防塵ネット、きゅうり、梨 HOME | 歴史と概要 | 会員(企業名) | 賛助会員 | お知らせ | 網について | サイトマップ |         
お知らせ その1
――――水産庁全国資源管理推進会議開催のお知らせ―――――

♦ 「平成18年度全国資源管理推進会議」

○開 催 日: 平成18年11月14日(火)13:00~17:30
                 11月15日(水) 9:00~12:00

○場 所  : 函館国際ホテル 天平の間(2F)
         〒040-0064 北海道函館市大手町5-10
         電話:0138-23-5151 FAX:0138-23-0239

○議事概要 : 
 (第1日目)
  1.開会
  2.挨拶
  3.講演(質疑応答含む)
   (1)資源管理に関する基調講演(タイトルは仮称)
    ①日本漁業の将来に向けての課題と提言
      (財)自然資源保全協会会長                     米澤 邦男
    ②漁村集落・地域維持のための資源管理に関する日本と欧米との比較考察
      (独)水産総合研究センター中央水産研究所研究員       牧野 光琢
    コメンテーター
      北海道大学大学院水産科学研究院教授              岡本 純一郎
   (2)資源管理に関連した技術的取り組みの紹介(タイトルは仮称)
    ①代替エネルギー対策の技術的取組:水素エンジン漁船の開発
      (独)水産大学校海洋機械工学科教授               江副 覚
    ②改良漁具による省エネルギー対策等の技術的取組み
      (㈱)ニチモウ海洋業務部研究開発リーダー            木下 弘実
    ③漁船漁業の新技術開発の状況:さよりの2そう曳きの単船化及びホタテの桁網操
      (独)水産総合研究センター水産工学研究所機械化研究室長 長谷川 勝男

  (第2日目)
  4. パネルデイスカッション(タイトルは仮称)
     テーマ:漁業を核とした地域振興と資源管理
     コーデイネーター:公立はこだて未来大学教授           長野  章
     パネリスト:南かやべ漁協青年部                    高谷  大喜
            北海道大学院水産科学研究院助教授         松石  隆
トナミ食品工業株式会社代表取締役          利波  英樹
            有限会社マリンプラニング代表取締役         古屋  温美
            下関市水産課主任                     岸本  充弘
   (1)各パネリストからの講演
   (2)総合討論
   (3)会場との意見交換
  5. 閉会
[PR]
by seimoukumiai | 2006-03-20 14:15 | ■お知らせ
<< おしらせ その2 用途別の網地の材質 >>