製網、漁網、網、有結節、無結節、USネット、海苔網、陸上ネット、引越しネット、ダムネット、流木防止ネット、農業用ネット、防風、防鳥、防獣用ネット、落石防止用ネット、セパレーションネット、安全ネット、ゴルフネット、バッティングネット、トロール、まき網、刺網、定置、底引き、中層、工事用ネット、防塵ネット、きゅうり、梨 HOME | 歴史と概要 | 会員(企業名) | 賛助会員 | お知らせ | 網について | サイトマップ |         
ご挨拶 日本製網工業組合理事長 宇田川 純一
f0050219_13474349.jpg熊本地震にあたって
 熊本地震において、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様、その家族の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。


 日本製網工業組合は、当組合の前身となる日本漁網工業組合が昭和42年1月20日に創立されて以来、本年で創立50年を迎えることができました。これもひとえに、先人諸先輩組合員各位のご尽力と関係各位のご指導とご協力をいただいた賜物であると心より感謝申し上げる次第でございます。

 設立当時の組合は、全国の組合加入資格企業の約8割にあたる322社の加盟をもってスタートいたしました。このころ「沿岸から沖合へ、沖合から遠洋へ」の掛け声のもと日本の漁業も大きく飛躍・発展し、我々日本製網工業組合会員は、新しい原料素材の用途開発や生産技術の改善など漁網の生産と供給を通して日本の漁業に貢献してきたものと自負いたしております。
 
 近年の日本の水産業は、昭和59年(1984年)に1282万トンの水揚げを達成しましたが、この年をピークに平成21年(2009年)には543万トンと最盛期水揚げ量の42%にまで落ち込んでしまいました。特にここ数年は、日本の漁業にとって主要な対象魚種であるスケトウダラ、ホッケ、サンマ、秋サケなどで急激に漁獲量が減少しており、漁業関係者にとって大きな関心を集めております。このような厳しい環境ではございますが、当組合は漁業者の皆様が必要とする各種漁網、漁業以外で必要とされる網地を、皆様へ安定して供給して行くことを使命と考えております。

 関係各位の皆様方には、今後とも尚一層のご指導とご鞭撻、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 

Message from Junichi Udagawa, Chairman of the Japan Net Manufacturers Association


We remember the Kumamoto Earthquake. On behalf of the Association and myself, I would like to extend my heartfelt prayers and thoughts to all who was lost and has been affected by 2016 Kumamoto Earthquake. We sincerely hope the earliest recovery of the affected areas.


The Japan Net Manufacturers Association celebrates 50 Years in 2017. On behalf of the Association and myself, I would like to extend my sincere thanks to the member companies, relevant national and local governments and agencies, our customers and all our stakeholders for their support and cooperation.

Since our predecessor, the Japan Fishing Net Manufacturers Association, was founded on January 20, 1967 with 322 member companies, that is, approximately 80 % of the companies eligible for membership back then, the member companies have contributed to the fishing industry in Japan and supported its development from coastal to offshore, and to pelagic, developing applications of innovative materials and evolving manufacturing technologies as committed manufacturers and suppliers of fishing net products.

Japan’s fishery output is on the decline. The national total production was 5.43 million tons in 2009, going down to 42% of 12.82 million tons marked in 1984. Especially, the catches of major target species such as Pollock, Atka mackerel, saury and Chum salmon have been declining rapidly over the last few years, which draws a lot of attention from people involved in the fishing industry.

While the national fishing industry faces several challenges today and the business environment remains harsh, the Association and the member companies continue supporting the fishermen and our customers with our products for both fishing and non-fishing applications.


Junichi Udagawa
Chairman of the Japan Net Manufacturers Association

[PR]
by seimoukumiai | 2006-12-31 23:59 | ■理事長挨拶
日本製網工業組合の歴史と概要 >>